施設整備への寄付


施設整備への寄付
本学がさらに発展し、医系総合大学として輝いて行きたい

キャンパス整備や施設整備など学びの場の充実のために活用されます。

百合寮

新百合寮の建設

富士吉田キャンパスに新たな学生寮となる百合寮が完成しました。百合寮は地上6階建てで、本学の特徴である4学部合同での初年次全寮制教育の生活の場として、他者への思いやりと共生のこころを育むとともに、幅広い視野を養い、医療人としての基礎を身につけていくための役割を担っています。
また、昭和大学が掘削した温泉が引き込まれ、浴室において毎日入浴できるうえ、キャンパス内にて足湯も楽しむことができます。
百合寮

旗の台キャンパス

旗の台校舎教育施設整備

旗の台キャンパスでは医学部?歯学部?薬学部の2年次以降の学生が学び、医系総合大学の特徴を活かし、附属病院を利用しての充実した講義?実習が行われております。本学の教育?研究の中核的役割を担う施設を整備することで、よりよい環境を提供します。
旗の台キャンパス

寄付実績

令和3年度寄付実績:14件 4,960,000円
病院建設?運営維持

老朽化した病院の維持、建て替えを見据えた環境の整備を行います。昭和大学病院では令和3年6月からの中央棟5階ICU?CCU病棟の正式稼働開始と、来年度には更に入院棟2階にICU?CCU病棟の増設を計画しており、高度急性期医療の充実と収益率の向上を図ってまいります。

校舎建設?運営維持

旗の台キャンパスでは既存校舎の老朽化に伴い、耐震工事を進め、学生?職員にとってより良い環境を整備しております。
また、富士吉田キャンパスにおいては、新たな寮の整備や、掘削した温泉の引き込みおよび足湯の設置を行いました。

学生寮建設?設備維持

学生の経済的支援と、快適な学習生活を支えるため、寮のより良い環境を整備します。
富士吉田キャンパスにおいては、親元を離れて暮らす学生により良い環境を提供するため、令和3年3月を迎えた新百合寮に加え、男子寮建設の計画を進めております。

職員寮建設?設備維持

福利厚生の一環として、看護師?臨床研修医を始め、職員のための寮を設置し、安心して働ける環境の整備を進めています。また、一部を外国人留学生?外国人研究者のための居住施設として整備し運営しております。